履歴書に書かれたことは本当か?

履歴書に書かれたことは本当か?

新卒であれ、中途採用であれ会社が人を新しく迎え入れる場面は様々な問題を抱えがちです。
応募する側としても履歴書を書いて、面接の想定問答集を練習するなど乗り越えることが山ほどあるでしょう。

 

人事部の採用担当者に苦労話を聞いたことがあります。
採用する側も多くの悩みがあるようです。
その一つが、虚偽の履歴書問題。

 

卒業年度が計算と合わなかったりするのはまだいいほうで、明らかに虚偽の経歴を書いてくる応募者が後を絶たないようなのです。
経験が重視される中途採用の場面で、履歴書上も有利に進めたいという気持ちは分かりますが、虚偽を書いてしまうのはよくありません。

 

といっても、求人企業としては履歴書の虚偽などは見抜けないことがほとんど。
どうしているかというと、探偵社に依頼をかけているそうなのです。
もちろん全ての応募者について対応していると費用がかかるので、採用したいと考えている人についてのみ調査を依頼することが多いようですね。

 

こういった雇用調査は、少し前まではヒアリングによりなされていました。
調査員が前職の関係者に確認をするといった作業は思わぬ弊害を及ぼす可能性があります。
ヒアリングをした対象者の主観によって評価が異なってしまうため客観性の面でも問題がありました。

 

今では、ヒアリング調査はほとんど行われず、独自のデータベースを利用した調査方法に切り替わっています。
客観的なデータにもとづいていますので、虚偽や誇張した事実はすぐに裏付けをとることができるのです。

 

リスクマネジメントとしても雇用調査はこれからも必要とされる機会が増えていくことでしょう。