嫌がらせ調査の方法

嫌がらせ調査の方法

嫌がらせ調査は、探偵にとっても、やっかいな仕事になってしまう可能性もあります。というのも、嫌がらせ行為は、不定期で行われることも少なくないからです。そこで、なかなか嫌がらせをしている人物を特定することができなかったり、証拠を押さえることができなかったりすることもあります。

 

 

 

数日続けて嫌がらせが起こって、その後数カ月音沙汰なしというパターンもあるにはあります。すると、探偵にとっても、長期戦を覚悟しないといけなくなってしまいます。

 

 

 

もしなかなか嫌がらせをしている人物を特定することができないという場合には、監視カメラを定点で設置することもあります。そうすることで、四六時中見張って、嫌がらせ行為の証拠を押さえようというわけです。嫌がらせというのは、たいてい行われる場所が特定されています。そこで、嫌がらせ行為の行われる可能性の高いところに、隠しカメラを設置するわけです。

 

 

 

 

また一方で、なぜ嫌がらせ行為を受けるようになったのかの背景についても、調査を行うこともあります。