差別調査の自主規制について

差別調査の自主規制について

最近では、特にやってはいけないこととして、差別調査というものがあります。就職の採用のときに不採用になる、結婚の際、婚約を破棄される。

 

 

 

江戸時代の差別が現代まで続いているという悲しい現実です。探偵事務所はこの問題に、深く関わっていた時期がありました。大企業の多くは、差別調査を当たり前のように行っていたのです。

 

 

 

 

 

就職活動で面接した人の出身を調べたり、自分の子供の婚約者の出身を調べるなどが依頼内容だったようです。しかしながら最近では、探偵社同士で自主規制をかけ、このような部落調査などはおこなわないようにしています。

 

 

 

企業側もこのような調査を行う企業こそおかしいのでは?ということになっているので、最近ではほとんど見かけなくなりました。