指紋鑑定の種類や方法

指紋鑑定の種類や方法

指紋鑑定がおこなわれるのは、企業や個人に届いた誹謗中傷の手紙や、嫌がらせの手紙、いじめ問題などの犯人を見つけたいときです。

 

 

 

ただし犯人と思われる人、いわゆる容疑者の指紋と、手紙などに残っていた指紋が一致するかどうかという方法ですので、片方だけの指紋では調べることはできません。

 

 

 

指紋の鑑定方法にはいくつか種類があると言われています。特徴的鑑定と隆線縁鑑定、汗腺口鑑定の3種類と言われています。

 

 

 

世界で実施されている指紋鑑定のほとんどが、特徴的鑑定だと言われています。これは1つの指紋で特徴点がどれくらい一致するかというものです。

 

 

 

探偵社に依頼した場合、鑑定できるキットなどを送ってもらう場合もあります。最近ではいじめにあった子供の親も利用することがあるようです。