裁判離婚の内容と結果

裁判離婚の内容と結果

お互いの話し合いのうえで解決する離婚を協議離婚といいます。協議離婚でうまくいかなかった場合家庭裁判所で調停をし、合意が得られなかった場合審判となります。

 

 

 

調停も審判もうまくいかなかった場合裁判所に離婚を訴えここで決定したら裁判離婚となります。裁判離婚はなんでも訴えられるわけではなく、原因が必要となります。

 

 

 

パートナーに不貞行為があった。配偶者から見放された、3年以上生死もわからず不明、強度の精神病で回復が見込めない、婚姻を継続しがたい重大な理由があるなどです。

 

 

 

よく聞かれるのが不貞行為と重大な理由ではないでしょうか?確実にそして有利に裁判をすすめるために不貞行為の証拠をあつめたり、重大な理由となる証拠を集める必要があります。

 

 

 

慰謝料なども考える場合は少し費用はかかりますが探偵に依頼することも確実な方法です。